読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく続けられる健康元気ブログ

散歩龍(nobu)です!気ままに腸内について書きますので、よろしくお願いします(^^)

やりたいこと〜みつけるコツとはo(^o^)o

小さな幸せ探し

「やりたいことが見つける」続きです!
コツをご紹介しますね(^-^)

「やりたことを見つける」3つのコツ

1.自信を取り戻そう

自信を持つとは、信用するに足る自分をつくることです。それはつまり、言動と行動を一致させることです。

自信を持つために必要な活動は、宣言して→実行する、これだけです。規模を考慮する必要はありません。むしろ最初からでかいことをやろうとするのはナンセンスです。小さなことから始め、徐々に大きくしていけば良いのです。

自分を信じることが出来る…簡単なようで難しいことかもしれません。それでも、今の自分にできる小さなことなら出来るはず。自分との約束を守ることが自信を取り戻すコツではないでしょうか。


2.人にどう思われようと気にしない

「普通は」「通常は」を話すのは大切。しかし、それ以外の考え方を取り入れるのはもっと大切。固定概念にとらわれず、限りなく可能性を広げていきましょう。

この境地に立つことができれば、頭の中からやりたいことが湧き出てきて仕方がなくなります。人生が楽しくてしょうがなくなりますよ。

固定観念を捨てて、周囲のことも気にしない!そう決めた瞬間から目の前がパーッと開けてくるかもしれませんよ。


3.できない理由を考えず行動する

出来ない理由を考えたら、いくらでも出てきます。でも、出来る方法も無限にあります。

「できない理由」を考えることは、「しなくて済む理由」を考えることに近しい。「やる気が出ないから」「やる気さえ出れば」というのも同じだ。でも、「やる気が出ないから、やらない」と思っていたら、いつまでもやる気なんか出ないのではないだろうか。「やる気」なんて曖昧で、形のないものを当てにせず、とにかく行動してしまえというわけだ。

経験は大切な財産です。少しでも興味があることならば、とりあえずやってみる!やってみなければわからないのです。ダメで元々。そんな風に考えてみると気も楽になると思いませんか。
それでもやりたいことが見つからなかったら
「やりたいことが見つからない」気持ちよりももっと深刻な「やりたいことも見つけたくない」という気持ちの時は、ゆっくり休んでみるのも一つの対策です。
あえて何もしない

これは、アクションとしては「何もしない」という意味です。

「分からない時は動かない」は戦術の基本。キャリアの方向やゴールに魅力がないと、その実現に向けた推進力がパワー不足になります。

何をやったらいいのかわからない時は、無理矢理決めると情熱を持てない方向に進んでしまうかもしれません。分からない時は、何もせず、心のパワーを蓄える。それも大切なやりたいことではないでしょうか。

まとめ

「やりたいことが見つからない」と悩んでいませんか。やりたいことは、もうすでに自分の心の中でひそかにあなたの勇気を待っているかもしれません。人生は、やってみないとわからないものなのですよ!

あえてなにもしないってことは、自分だけの時間が作れることですよ(^-^)
そんな時間も大切かもしれないですね!